株式会社 森本組

土壌環境関連事業

当社浄化技術を紹介します。

土壌・地下汚染浄化対策技術一覧表

土壌対策

浄化工法
概要図
処理方法
浄化技術の概要
対象物質
フェライト工法
フェライト工法
不溶化
二価、三価の鉄により生成されたフェライト中に、土壌や地下水・廃水中の重金属を閉じこめて不溶化します。 一般の薬剤での不溶化では、pHの影響で再溶出することがありますが、フェライト化処理したものは、pHの影響が少なく長期に安定しています。(技術協賛:セクトアライアンス)
重金属類
スタビ工法
スタビ工法
不溶化
反応遅延性生石灰「スタビ」は、水和反応を遅延させる性質を持たせてあり、汚染土壌と攪拌混合すると石灰とともに微細化し分散反応が起こります。 汚染物質は、表面積が増大した消石灰に吸着し、不溶化・固定化します。 油汚染の場合は、油膜・油臭が抑制されます。 また、石灰表面に吸着された油成分は、微細化・低分子化されるため微生物に分解され自然減衰します。
重金属類、油
パワーブレンダー工法
パワーブレンダー工法
不溶化
パワーブレンダー工法は原土と固化材を原位置にて攪拌混合して原土の強度増加を図ることを目的に開発した地盤改良工法です。 施工に伴う地中での側方変位が生じにくい縦型攪拌工法であるため、地中埋設物や構造物等の近接施工が可能です。 また、バックホウをベースマシンとしており、施工規模に合わせた機種選定ができ、機動性に優れているので振動や騒音が少なく、 都市部の工場・住宅密集地等の施工においても周辺環境に影響を与えることなく、安心して施工ができます。
重金属類
UVプラス
UVプラス
分解除去
揮発性の有機塩素化合物TCE(ガス)等を紫外線照射により酸化分解し、水に吸収させるシステムです。 水中の反応生成物は、アクティバック(生物活性炭)で分解無害化します。(技術協賛:セクトアライアンス)
揮発性有機化合物
土壌洗浄法
土壌洗浄法
分離除去
土壌中の重金属は、小さな土壌粒子(細粒土)に吸着されています。土壌洗浄法は、水を用いて土壌を分級することにより汚染物質を選別して取り出します。
これにより、場外処分量を削減し、洗浄土壌を再利用します。洗浄水は循環利用するとともに、水処理技術で安全な水にします。(技術協賛:セクトアライアンス)
重金属類、油、農薬等
ホットソイル工法
ホットソイル工法
分離除去
トリクロロエチレンなどの揮発性有機塩素化合物で汚染された土壌を掘削し、水と発熱反応する無機化合物を混合し、 土壌中のこれらの汚染物質を加熱・揮発させ、回収・処理します。
揮発性有機化合物
加熱法
(直接加熱法)
(間接加熱法)
加熱法(直接加熱法)(間接加熱法)
分解除去
主に、揮発性有機塩素化合物や油系物質で汚染された土壌に適用する手法です。直接加熱法と間接加熱法があり、 間接加熱法はダイオキシン類に対する処理技術としても有用です。浄化期間が短いとともに、処理に安定性があり、 高濃度汚染土壌にも対応可能です。(技術協賛:セクトアライアンス)
重金属類、その他

地下水対策

浄化工法
概要図
処理方法
浄化技術の概要
対象物質
マルチ水平ウェル
マルチ水平ウェル
分解除去
マルチ水平ウェル工法は、特殊スリット管を用いた水平井戸築造工法です。 また、到達立坑を必要としません。 そのため、地上に構造物や樹木がある場合でもその直下に容易に井戸を設置できます。
この特徴を活用し、地下水位低下工事や揮発性有機化合物(VOC)等で汚染された地下水の浄化工事を効率的に施工できます。
揮発性有機化合物
AOプラス
AOプラス
分解除去
水中のTCEや微量有害性有機物を促進酸化処理(AOP)により強力に酸化分解するシステムです。 残存生成物は必要に応じてアクティバックで分解無害化処理します。(技術協賛:セクトアライアンス)
揮発性有機化合物
吸着処理法
吸着処理法
分離除去
水中の重金属類や有機塩素化合物をキレート樹脂や活性炭に吸着させることにより、効果的に除去します。(技術協賛:セクトアライアンス)
重金属類、揮発性有機化合物
膜分離システム
膜分離システム
分離除去
排水処理に高機能分離装置を組み合わせたハイブリッド処理システムをエンジニアリングします。(技術協賛:セクトアライアンス)
重金属類、その他
お問い合わせ先
Tel.06-7711-8810
Fax.06-7711-8829

株式会社森本組 土木本部 環境部
〒541-8517
大阪市中央区南本町二丁目6番12号 サンマリオンNBFタワー

完成工事
守口基盤整備作業所
土木技術
建築技術
環境ソリューション
PAGE TOP
株式会社 森本組
〒541-8517
大阪市中央区南本町二丁目6番12号
TEL.06-7711-8800(代表).