株式会社 森本組

マルチ水平ウェル工法

information

2011/03/23 国土交通省近畿地方整備局へ 『マルチ水平ウェル研究会』のNETIS登録

マルチ水平ウェル工法
NETIS登録番号:KK-100103-A
登録日:平成23年3月17日

マルチ水平ウェル工法研究会

マルチ水平ウェル工法

マルチ水平ウェル工法は、特殊スリット管を用いた水平井戸築造工法です。
地上に構造物や樹木がある場合でもその直下に容易に設置可能です。
この特徴を活用し、揮発性有機化合物(VOC)等で汚染された地下水の浄化工事や地下水位低下工事の効率的な施工を実現します。

マルチ水平ウェル工法の特徴

特殊スリット管

特殊スリット管はFRPM製で耐薬品性に優れた管です。
特殊スリット管は、水溶性目地材がスリット内部に詰め込まれており、管の設置中は完全に止水状態です。
その後で水溶性目地材が地下水に溶けてなくなるので、スリットが復元し水平井戸として機能します。

独自の解析技術

循環モデル(復水機能)に対応した独自の解析ツールを開発いたしました。
事前検討の段階でシュミレーション解析を実施し、効率的な浄化方法、工期の算定等を行います。

地下水位低下システム

特殊スリット管の機能を使い、地下水位を低下させることも可能です。
地下水位が上昇して樹木の根腐れが懸念された場所で、この工法を使用して根にダメージを与えることなく、効率的に地下水位を低下させた実績があります。

お問い合わせ先
Tel.06-7711-8810
Fax.06-7711-8829

株式会社森本組 土木本部 環境部
〒541-8517
大阪市中央区南本町二丁目6番12号 サンマリオンNBFタワー

完成工事
守口基盤整備作業所
土木技術
建築技術
環境ソリューション
PAGE TOP
株式会社 森本組
〒541-8517
大阪市中央区南本町二丁目6番12号
TEL.06-7711-8800(代表).