株式会社 森本組

MOS工法

MOS工法は、ビル、建物内外のカビや汚れを根元から分解し防菌、防カビ、防水効果で美観を維持する工法です。
従来の洗浄は、除カビ殺菌剤や漂白剤を使用して、ブラシなどでこすり落とす方法でした。
MOS工法の洗浄は、壁や木材等の材料の内部に特殊洗浄剤を浸透させて、カビを殺し、元から取り除き、根絶させます。
そのため、建物をキズつけたり塗装を変色させたり、木材をいためることなく復元させます。
この洗浄工法に防カビ(保護)工法を加えることによって、MOS工法は確立しています。

カビ抵抗性試験(培養28日後)

MOS工法の特徴

マンションでの施工状況

施工対象物、対象素材

施工対象物 ビル、マンション内・外壁、一般住宅、病院、ホテル、食品工場、温泉、店舗、公共施設、木造冠門、浴室、台所、厨房、トイレ、看板、空調設備、其の他住宅内外に施工できます。
施工対象素材 コンクリート、ブロック、レンガ、モルタル、プラスチック、木材、石材、塗装面、クロス、畳、ゴム等を対象としています。

施工対象物、対象素材の詳しい内容については、当社へ問い合わせてください。

薬品の安全性

洗浄剤

液剤名 液性 取扱液剤用途
MOS-A アルカリ性 除菌洗浄剤、建物全般のカビ、藻類、クロス、塗装面のヤニ汚れ
MOS-F 酸性 シミ、サビ落とし、建物全般のサビ、木、モルタルのアク、タイルのシミ黄ばみ、トイレの陶器、柱の雨じみ
MOS-I アルカリ性 木部のカビ落とし、松や桧などのアオ取リ、木部の日焼け落とし
MOS-O アルカリ性 油汚れ落とし、建物全般の油汚れ、床の汚れ

保護剤

液剤名 液性 取扱液剤用途
MOS-B 溶剤 除菌、防カビ防藻剤建物全般の防カビ、防藻
MOS-B
木部用
溶剤 除菌、防カビ防腐剤木部全般のカビ、防腐
MOS
コンクリート
溶剤 除菌、防カビ防藻剤コンクリート防カビ、防藻
MOS-石ピカ 溶剤 除菌、防カビ、防藻剤、石材防カビ、防藻

リンス剤

MOS-A
専用リンス剤
脱塩素剤 MOS-Aを塗布後、リンス剤をMOS-Aと同じ希釈で塗布し水で洗浄
MOS-F
専用リンス剤
中和剤 MOS-Fを塗布後、リンス剤をMOS-Fと同じ希釈で塗布し水で洗浄
次亜塩素酸
ナトリウム
野菜などの洗浄やおしぼりの殺菌に使われる食品添加物指定のものを使用しています。
フッ化水素酸
ナトリウム
フッ化水素単体では劇物扱いですが、ナトリウム化することにより劇毒物該当物質ではなくなります。
ただし、酸性という性質上、排水や動植物への影響が考えられますが、専用のリンス剤(中和剤)を併用することで安全性は確保されます。
界面活性剤 食品工場などで手洗いに使用されているものを使用しています。 リンや油分を使用していないため、人体や排水等にはほとんど影響ありません。

全液剤の毒性試験(重金属等)の結果、毒物などは検出されませんでした。
主成分の毒性についてはMSDSに記載しています(急性毒性LD50)。
保護剤の主成分である防カビ剤は、世界中の多くの国で食品添加物として使用されているものを使っています。
保護材の溶剤にはエタノールとIPAを使用しており、これはアルコール系殺菌剤や消臭剤に使用されているものです。
保護剤は建築基準法の規制対象材料ではありません。ホルムアルデヒド検査の結果「新建築基準F☆☆☆☆」と同等の数値となっています。

施工例

サイディング
砂岩
お問い合わせ先
Tel.06-7711-8810
Fax.06-7711-8829

株式会社森本組 土木本部 環境部
〒541-8517
大阪市中央区南本町二丁目6番12号 サンマリオンNBFタワー

完成工事
守口基盤整備作業所
土木技術
建築技術
環境ソリューション
PAGE TOP
株式会社 森本組
〒541-8517
大阪市中央区南本町二丁目6番12号
TEL.06-7711-8800(代表).