株式会社 森本組

岡本 博樹

受注したときの喜びは、
何にも代え難い。

私が担当しているのは、新規工事を受注するための積算・見積りをする仕事。発注者や協力会社の方々と話し合い金額を調整する、いわば現場を支える縁の下の力持ち、といえるかもしれません。現場とちがってモノをつくる仕事ではありませんが、受注しなければモノはつくれない。たとえるなら、現場は「料理人」、私たちはそのための「材料」を提供する役割。自分が手がけた見積りで工事を受注したときの喜びは、何にも代え難いものがあります。

積算・見積りは、
数字ではなく、現場と向き合う仕事。

積算・見積りをするには、まずは現場を知らないと何もできません。現場に何が必要なのかわからないまま積算・見積りをしても、机上の空論に終わってしまいます。だから、見積りのために現場をみるのは基本中の基本。また、私は入社してから16年間現場で働いていました。1年目は「学校で何習ってきてん!」とよく叱られましたけど(笑)、職人に指示を出し、時にはぶつかり合いながら共にモノづくりをしてきた経験が、今の仕事の土台になっています。

目標は、ええモノをつくること。
衝突を恐れず、自分の意見を言う。

入社してから、私が大切にしていることは、「自分の意見をもつこと」。そして、発言することです。なぜなら、私たちの仕事は、発注者、地元、協力会社、職人、さまざまな方と協力してはじめて成り立つものだから。自分一人の力で構造物は絶対に完成しません。だからこそ、納得できないことは見過ごさず言う。それがたとえ上司であっても、何度もディスカッションを繰り返す。私たちの最終目標は、ええモノをつくることだから。そして、自分の意見をどんどん言わせてくれるのが、森本組の大きな魅力だと思います。

座右の銘

人の心に残るモノ造り!!

私たちのつくる構造物は、完成したら何十年も何百年も残るもの。だからこそ、人の心に残るモノづくりをめざしています。そのためには、やっぱり品質が一番大切。それに、家族にも胸を張って見せたいしね(笑)

現場ギャラリー

エントリーする
マイナビ 2017
リクナビ 2017

関連ページを見る

はやわかり森本組
メッセージ
社長メッセージ
採用担当者からのメッセージ
プロジェクトを知る
土木/彩都造成(大阪)
建築/上本町5丁目PJ(大阪)
土木/伊豆湯ヶ島(静岡)
土木/田野畑沼袋(岩手)
建築/小石川4丁目(東京)
建築/廿日市(広島)
土木/砂川シールド(東京)
土木/牡鹿造成(宮城)
社員を知る
所長に聞く 〜土木編〜
所長に聞く 〜建築編〜
土木/施工管理
土木/積算
建築/施工管理
建築/設計
女性技術者クロストーク
がんばる若手社員たち
先輩の声 〜土木編〜
先輩の声 〜建築編〜
新入社員の声
若手社員の一日
女性活躍推進
募集要項とエントリー
採用情報Q & A
セミナー・説明会