株式会社 森本組

山本 宏城

現場の経験が活きる、
設計だけじゃない設計部門。

私が所属している建築設計部では、建物の企画から計画、設計、工事監理、そして引渡までを一貫して担当しています。設計はもちろん、行政との折衝、お客様との打合せ、施工部門との打合せなどをトータル的にコーディネートする役割としても機能しています。つまり、設計だけの知識ではなく、施工のことも知っておく必要がある。ですから最初の2年間は現場に配属されたんですが、施工の知識が身についたり、建物が一から順に完成していく姿をみれたというのは、現在の設計の仕事をするうえで大きな財産になっています。

建物をつかうのは、人。
人がどう快適になれるかを考える。

ただし、現場で施工のことをわかりすぎて、施工しやすいだけの建物を設計しないよう心がけています。どういうことかというと、建物をつかうのはやはり人です。その建物で「仕事をする」、「生活をする」といった人のことを思いながらつくることを大切にしていますし、それが設計の魅力だと思うんですよ。また、建物が建つと、何十年というスパンで街の景色として残っていく。つまり、人がよりよく暮らしていくための街並をつくる仕事なんですよね。

決断を迫られるプレッシャー。
だからこそ、完成時の感動は計りしれない。

建物を建てていくプロセスには、多くの決断を迫られる場面が幾度となく出てきます。私自身、いちばん最初に設計を任されたマンションの改修の案件では毎日がプレッシャーの連続でした。震災の被害をうけたマンションだったため、耐震性などの調査・補修をしてから、共用部の改修と外壁を塗り替えるといった工程でした。社内や現場の調整、外壁の色など、決めるのはすべて自分。プレッシャーが大きかったぶん、完成し、足場がはずれ、建物の姿をみえたときの感動は今も忘れられません。一生懸命やれば、そのぶんの喜びは必ずかえってくる。ありきたりかもしれないですが、それは私が仕事をするうえでの大きな原動力になっています。

座右の銘

好きこそものの上手なれ!

たとえヘタくそでも、好きだったらそれだけやりがいを感じたり、忙しくてもくじけない大きなチカラになると思います。仕事をしていると、うまくいかないこともある。そういうときには「自分は何が好きなのか」ということを今一度思い返すことで、気持ちを切りかえて取り組むようにしています。

現場ギャラリー

エントリーする
リクナビ2020
マイナビ2020

関連ページを見る

森本組について
はやわかり森本組
女性活躍推進

土木の仕事
建築の仕事
事務・営業の仕事

社長メッセージ
人事課メッセージ

新入社員の声
人事の声

福利厚生
研修

募集要項
Q & A
セミナー情報