株式会社 森本組

人権の尊重

ヘルプライン制度の運用

「ヘルプラインと」は日常業務の中でCSR憲章・法令・社内規程等に照らし、疑義ある事項が生じた場合、会社に対して相談し解決する制度であり、2004年4月の公益通報者保護法の施行に伴い 2004年6月にコンプライアンス委員会(現 CSR委員会)が組織され「森本組ヘルプライン制度」が制定されました。

具体的には、男女差別・セクハラ・パワハラなどの人権を侵害する行為があれば、ヘルプライン窓口(CSR事務局)に相談し、相談を受けたCSR事務局はCSR委員会に報告します。CSR委員会(社長・役員)は相談者の人権と利益を守ると共にその行為の事実関係をCSR事務局に調査させます。

その結果、違反行為があれば、直ちに行為を中止させ、それを受けて懲戒委員会は就業規則により違反行為者に対して懲戒処分を決定します。 また、相談者が報復行為など受けた時も同様に報復行為を中止させ、報復行為者には同じ様に懲戒処分が決定されます。

森本組 CSR管理体制

管理体制 図
CSR憲章
内部統制
事業継続計画
ヘルプライン制度の運用
障害者の雇用
公務、法務、
裁判員休暇制度の運用
雇用の基本的な考え方
定年退職者の再雇用
人事制度
教育訓練制度
労働安全衛生
女性活躍推進
環境マネジメント
保有技術の展開
持続可能な資源の利用
廃棄物削減
資源エネルギーの削減
企業行動規範
情報セキュリティ
汚職防止・政治への関与
お客様の声を把握する仕組み
アフターサービス・クレームの対応体制の充実
個人情報保護
地域社会への貢献
コミュニティへの参画
社会貢献活動を促進する取り組み
PAGE TOP
株式会社 森本組
〒541-8517
大阪市中央区南本町二丁目6番12号
TEL.06-7711-8800(代表)