株式会社 森本組

環境保全活動

廃棄物削減

廃棄物処理法等の環境法令遵守

建設産業は資源利用量24億tの約5割を消費しているといわれていますが、汚染の予防には消費に伴う廃棄物の適性な処理が重要となります。森本組では管理本部総務部に専任部署を置き、作業所等の廃棄物を適性に管理するように指導を徹底しています。

 

法令関係の改正等の情報収集については、環境法令メール配信サービスや外郭団体の講習会等により迅速で正確な情報を収集しています。 2011年4月1日施行の改正廃棄物処理法の一部改正(排出抑制及び適正処理)に関しても 社内Web掲示版等での周知を図ると共に、土木・建築職員への教育訓練(集合教育)や安全施工パトロール等にて指導を行なっています。

マニフェスト制度

 

廃棄物の処理を委託するとき「マニフェスト」という帳票に産業廃棄物の種類、数量等を記入し、産業廃棄物とともにマニフェストを発行しながら、建設廃棄物を適正に処理するには「マニフェスト」にて適正に処理するように「廃棄物処理法」で定められています。 処理の流れを確認するしくみで、処理業者がそれぞれマニフェストを受取ることで、委託内容どおりに廃棄物が処理されたことを確認することができるものです。

電子マニフェストについて

 

廃棄物の処理を委託するとき「マニフェスト」という帳票に産業廃棄物の種類、数量等を記入し、産業廃棄物とともにマニフェストを発行しながら、建設廃棄物を適正に処理するには「マニフェスト」にて適正に処理するように「廃棄物処理法」で定められています。 処理の流れを確認するしくみで、処理業者がそれぞれマニフェストを受取ることで、委託内容どおりに廃棄物が処理されたことを確認することができるものです。

建設副産物の適正処理

持続的な資源の利用については、再生不可能な資源をも長期的に持続させる可能性を維持するには、再生不可能な資源を有効に活用することにあります。

森本組では、廃棄物処理業者の適切な選定及び契約、マニュフェストの管理、本社専任部署への毎月の実績報告等「建設リサイクル法」に遵守して適正に処理を行なっています。

これらの結果、最終処分率(廃棄物総発生量に対する総最終処分量)については、毎年ほぼ2%前後を推移しています。今後も資源の有効利用を図り、最終処分率0%(すべて再資源化)を目指します。

過去3ヵ年の最終処分率の推移
年度最終処分率
2013年度1.75%
2014年度0.006%
2015年度2.07%

※2015年度は一部の作業所で予定外の大量の埋設物が発生した関係で、最終処分率が前年度以上に上がっております。

CSR憲章
内部統制
事業継続計画
ヘルプライン制度の運用
障害者の雇用
公務、法務、
裁判員休暇制度の運用
雇用の基本的な考え方
定年退職者の再雇用
人事制度
教育訓練制度
労働安全衛生
女性活躍推進
環境マネジメント
保有技術の展開
持続可能な資源の利用
廃棄物削減
資源エネルギーの削減
企業行動規範
情報セキュリティ
汚職防止・政治への関与
お客様の声を把握する仕組み
アフターサービス・クレームの対応体制の充実
個人情報保護
地域社会への貢献
コミュニティへの参画
社会貢献活動を促進する取り組み
PAGE TOP
株式会社 森本組
〒541-8517
大阪市中央区南本町二丁目6番12号
TEL.06-7711-8800(代表).