株式会社 森本組

環境保全活動

がれき処理

東日本震災でのがれき処理

2011年3月11日に発生した東日本大震災では,倒壊などによる震災廃棄物と津波堆積物を合わせると約3,000万トンの災害廃棄物が発生したと言われています。
森本組では,宮城県石巻市の牡鹿半島に発生した震災がれきの破砕及び選別作業に参画しました。

石巻牡鹿半島の漁村は壊滅的な被害を受け,発生した震災がれきは90,000トンと言われていました。
当社は牡鹿半島の南側部分を担当し,鮎川浜山鳥地区と谷川浜地区に破砕・選別プラントを建設し,最終的には約120,000トンの災害廃棄物の破砕選別処理を行いました。
また、地元復興への貢献に,約30名の地元で罹災された方々を雇用しました。

石巻市鮎川浜被災状況 震災がれき一次仮置き場(山鳥)
震災がれき一次仮置き場(谷川) プラント全景
罹災者による手選別 作業破砕選別されたがれき
CSR憲章
内部統制
事業継続計画
ヘルプライン制度の運用
障害者の雇用
公務、法務、
裁判員休暇制度の運用
雇用の基本的な考え方
定年退職者の再雇用
人事制度
教育訓練制度
労働安全衛生
女性活躍推進
環境マネジメント
保有技術の展開
持続可能な資源の利用
廃棄物削減
資源エネルギーの削減
企業行動規範
情報セキュリティ
汚職防止・政治への関与
お客様の声を把握する仕組み
アフターサービス・クレームの対応体制の充実
個人情報保護
地域社会への貢献
コミュニティへの参画
社会貢献活動を促進する取り組み
PAGE TOP
株式会社 森本組
〒541-8517
大阪市中央区南本町二丁目6番12号
TEL.06-7711-8800(代表).